嶋田悟製革所は、ソフトレザー専門のタンナー(製革所)です。
古くから皮革の産地拠点として発展した兵庫県たつの市で、国産原皮を用いて
なめしから仕上げまで一貫して国内生産にこだわって革を作っています。
一つ一つの工程を丁寧に手間暇かけて行う嶋田悟製革所の革は、
柔らかくふっくらとした手触りに加えて発色や耐久性に優れたソフトレザーで、
とても軽く加工がしやすいので衣料用や袋物に最適です。
ひょうごレザーコンテストで幾度も受賞し、品質にも自信のある嶋田悟製革所の革を、ジャパンクオリティの革製品作りを目指される方にぜひ使って頂きたいと思い2016年4月にウェブサイトを立ち上げました。

社員の写真

屋上の写真

革の写真

線の画像

業務内容

牛革

  • クロムなめし
  • エコレザー
  • ヌメ
  • 純白

その他

  • ゴート
  • シープ
  • バッファロー
  • エゾシカ革

線の画像

最新情報(NEWS)

線の画像

革の種類

“革”の仕上がりや表情はなめし製法により何千種類にも及びます。
同じ色でもなめし製法により表情がまったく異なる場合もある為
まず主ななめしの特徴を説明していきます。

ヌメ革
ヌメ革
樹脂や果実から抽出したタンニンを使ってなめす方法です。自然な風合いに仕上がり硬くて丈夫です。経年変化で色に深みが増すため革本来の風合いを楽しめます。
クロム革の写真
クロムなめし
高い耐熱性、弾力性、染色性があり傷つきにくく丈夫で表面の状態を保つことが可能です。そのため幅広い製品に適正があります。
型押し革の写真v
型押し
牛革に様々な模様の型をプレスすることで、高級感のある特徴的な外観に仕上がります。端まで均一に模様がつく為 歩留りの良さが魅力です。
メタルフリー革の写真
メタル(重金属)フリー
重金属なめし剤を使用しない製法です。鮮やかな発色とナチュラルナな風合いの特徴を持ち、衣料や袋物等に最適です。
メタルフリー革の写真
純白革(エコホワイト)
純白は工程管理が難しく、手間もかかるため生産数が限定されます。クロムなめ しの青みがかった白とは異なる温かみのあるホワイトです。

線の画像

革のサイズ

丸革の写真
【丸革】
丸革とは牛一頭の革のことを指します。左図の全体が丸革です。大きいもので一辺が2~3ⅿ程ですが、現在日本では半裁での取り引きが主になります。
【半裁】
半裁とは、牛一頭の革を背中で半分に切った大きさを指します。左図の上半分、下半分がそれぞれ半裁になります。 現在日本では主にこの大きさで取り引きが行われています。
1デシの写真
【ds(デシ)】
デシとは、革の大きさを図る単位で、100c㎡を1デシとします。成牛革の半裁で大体200デシ~300デシになります。
鞄の写真
【各製品の使用面積の目安】
◆革    靴・・・20デシ/足
 (紳士靴 25デシ/婦人靴 15デシ)
 (子供靴 12デシ/ブーツ 120デシ)
◆ハンドバッグ・・・65デシ/個
◆財布 ・ 小物・・・10デシ
◆鞄  ・ 袋物・・・20~30デシ
 (ランドセル 60デシ)(学生鞄 75デシ)
◆革 衣 料・・・300~350デシ
◆服装ベルト ・・・8デシ (婦人用 6デシ)

TOPへ戻る